新型インフルエンザ等対策特別措置法改正に伴う緊急提言について

議会活動報告 令和2年3月13日

国会で新型インフルエンザ等対策特別措置法が改正され、首相による緊急事態宣言と、それに伴う都道府県知事による外出自粛や一斉休校、臨時医療施設開設などの実施が定められました。これを受けて、都議会自民党は、緊急事態が宣言された時に、東京都の危機管理体制に混乱や停滞が生じることのないよう、万全の事前対策を講じておくよう小池知事に緊急提言し、あわせて、都内企業、事業者、団体等から自民党に要望があった事項をお伝えしました。

提言書を知事に手交する際には、医療機関にマスクを配布する際のきめ細かい配慮、区市町村との連携強化、保育士が感染した時の対策なども要望しました。

小池知事からは、「都民の健康を守り、医療機関を守り、不安を払拭することに全力で取り組みます。ご提言は承りました。」との発言がありました。

P1030915 (2) P1030931 (2)

 

緊急提言

自民党に寄せられた要望