緊急事態宣言の延長に伴う緊急要望を行いました

緊急要望 令和3年5月10日

緊急事態宣言の延長により、休業や時短営業に協力してきた多くの都内事業者は廃業の瀬戸際に追い込まれ、変異株の感染拡大やリバウンドの懸念により、都内の医療体制も危機的状況に瀕しています。このため、5月6日、都議会自民党山﨑幹事長は、中小零細企業の資金繰りへの支援、飲食店や関連事業者への支援金の充実強化、接種会場に出向くことが難しい高齢者への配慮などワクチンの円滑な接種に向けた実効性ある対応を、小池知事に緊急要望しました。

要望書

P1050308 (2)